老人ホームの医師にとってのジレンマって?

老人ホーム医師求人TOP >> FAQ >> 老人ホームの医師にとってのジレンマって?

老人ホームの医師にとってのジレンマって?

日本全国の高齢者が少しでも多く老後を安心して過ごすことができるように、老人ホームというのは高齢者自身の生活扶助になるだけでなく担当の医師が定期的にヘルスチェックまで進めてくれる非常に心強い存在になります。さて、そんな老人ホームに従事する医師ですが、医療機関とは勝手が違うために様々なジレンマがあるようです。

・診療スタンスの違い
・衛生意識の違い
・介護主体の現場への困惑

医療機関で勤めてきた医師にとっての基本的なスタンスは、疾病や怪我による症状を持った患者さんの健康の回復になります。しかし、老人ホームの場合はそのスタンスが少々異なります。つまり、入居者である高齢者は基本的に健康体であり、医師にとって必要なことは健康体の人間についての健康維持になって行くわけです。

意外なようですが、医師は健常者の健康維持に関してはそれほど意識が高くありません。それは、医師自身が医療機関に来る人間は身体に何らかの異常があると言う前提で認識しているからでして、健康な人の健康維持のための扱いについてはそれほど慣れていと言うことが挙げられます。

また、医療機関における治療に慣れきっている医師が老人ホームで診療をする際、介護施設における衛生意識の違いに驚くことがあります。それは、医療を行う場として適切な環境を持っていた医療機関のスペースが当たり前だと感じていた医師にとっては大変違和感を覚えることにもなるのです。

さらに、医師は紛れもなく医療の第一の担い手であって、それは基本的に医療機関におけるすべての行為の基準でもありました。ところが、老人ホームというのは介護主体の施設になりますので、介護に合わせた医療行為を行っていかなければなりません。 これは、医療機関と言う従来のホームタウンにて自らのペースで診療を行えることができた医師にとっては、非常に困惑を隠せない部分となっていきます。

これら医師が老人ホームで感じがちなジレンマですが、すべて医師が従来の固定観念を上手く切り替えられないことが大きな原因となるでしょう。 このため、介護の中で医療を行っていくという医師にとっての違和感を出来るだけ早く日常的なこととして認識していかなければ、介護現場における医師がいつまで経っても自分らしい診療ができないと言う負のスパイラルに陥って行くのです。

そんな老人ホーム関連にて医師として活躍をしていく覚悟であるならば、転職エージェントへの無料登録を行って職場についての有用な情報を提供してもらいましょう!

老人ホームの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 <※老人ホーム>医師募集ガイド All Rights Reserved.