老人ホームの医師はどの専門診療出身が多い?

老人ホーム医師求人TOP >> FAQ >> 老人ホームの医師はどの専門診療出身が多い?

老人ホームの医師はどの専門診療出身が多い?

高齢者の多くは年金支給により生活を維持しているわけですが、比較的支給額が多い方になると高額な老人ホームに入居される方も多くなっています。 その老人ホームに入居するメリットと言えば、医師による定期的な診断が受けられることと言えるでしょう。そんな老人ホームにて入居者の健康維持に努める医師ですが、元々はどの専門診療科の出身が多いのでしょうか?

老人ホームに関わる医師は、基本的に管理医として入居者の適切な健康維持に努めなければいけません。よって、医師の専門としては内科出身の方が最も多くなっていることが特徴になります。老人ホームに入居される方は割と健康であることも多いので、総合的に診断が出来る一般内科医は老人ホーム関連の医師として最も多い出身診療科となるのです。

また、内科医でも専門内科に属する医師の中には、老人ホームの医師に向いているタイプの方もいらっしゃいます。そして、その1つに循環器内科があります。高齢者は日常的にホーム内で1日を過ごすことがほとんどで、人によってずっと車椅子に座っていることもあるでしょう。

特に暑い夏や寒い冬になりますと、急激に心臓や血管に負担がかかってしまうことも非常に多くなりますので、そのような疾患に対応できる医師が必要となってくるのです、そのため、老人ホームでは循環器内科出身の医師も割合多く活躍してことになります。

それでも、医療法人が経営する併設型の老人ホームになりますと内科以外にも、皮膚科・神経内科・精神科などの診療科出身の医師も活躍していることと言えるでしょう。

高齢者は長い時間床に就いていることも多く、知らず知らずに間に褥瘡(床ずれ)などの皮膚異常が発生することも少なくありません。特に老人ホーム内では医療機関とは異なり、看護師人材も非常に少ないので床ずれの発覚も遅くなりがちです。そのため、ホームによっては皮膚科の医師にも一定の需要があるのです。 さらに、老人ホームでは重度の認知症入居者はすくないものですが、思考回路が低下して精神的不安定になる高齢者も多いと言えるでしょう。そのために神経内科や精神科の医師の需要を持つ老人ホームが存在しています。

ただし、一般規模の老人ホームではほとんどが内科医の求人が非常に多くなるのが一般的な傾向で、これは今後も続いていくと見られています。

そんな老人ホームの医師として診療科にこだわらないキャリアアップをしたいのであれば、求職支援サービスへ無料で情報登録を行っていくことにしましょう。

老人ホームの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 <※老人ホーム>医師募集ガイド All Rights Reserved.