老人ホームの医師も夜勤があるの?

老人ホーム医師求人TOP >> FAQ >> 老人ホームの医師も夜勤があるの?

老人ホームの医師も夜勤があるの?

日本では核家族化が非常に深刻に進んでいることもあって、独居高齢者の孤独死などが社会問題化してくるようになりました。さらに、昨今の人付き合いの希薄化も相まって孤独死が数年経って発覚するケースも珍しくありません。

このような危機的な状況により、高齢者が健康的な生活を送るために老人ホームに住むことも決して悪くはないという新しい価値観が日本にも根付いて行きました。そんな老人ホームにも入居者の健康を管理する医師が在籍していることもありますが、これらの医師は夜勤などの業務は発生して行くのでしょうか?

実は老人ホームに関わる医師にも色々なパターンがありまして、それは施設の経営規模や運営の方法によって大きく異なってくるのです。この中で、医療機関の運営体である医療法人が同時に運営する老人ホームも存在していて、この場合は同じ敷地内にて運営されていることが非常に多くなるでしょう。 そんな医療法人が同時に運営している老人ホームになりますと、所属の医師による夜勤などは日常的に存在しています。

その一方で多くの老人ホームには常勤の医師が在籍していないことも多いので、提携している医療機関でも特に訪問診療に特化したところから医師が派遣されてくることになります。この場合は、担当医師は日勤によって多く御老人ホームを定期的に回診して行く方法を取るのですが、一般的に夜勤が発生することは少なくなっているのです。 それでも、医療機関によってはオンコール対応を実施しているところもありますので、必要に応じて老人ホームを訪れて処置を進めて行くことになるでしょう。

また、短期療養型の老人ホームである老人保健施設になりますと老健施設長として医師は夜勤に就くことは非常に少なくなって、ここでも万が一のための連絡待ちがメインとなっていきます。

このように、現状を見ますと長期滞在型の老人ホームにおいては介護施設としての役割が強くなって行くことと、コストを抑えなければならないために医師は非常勤であることが非常に多くなります。そのため、通常は医療従事者である看護師さんが定期的に介護士さんと共に夜勤に勤しんで入居者の健康管理を行っていくのですよ。

そんな、老人ホーム関係に勤務する医師としてできるだけ夜勤の少ない職場を探して行くのであれば、転職支援サービスなどに登録をしていくことにしてください。これらのサービスについては無料で登録できるのが原則ですので、より多くのサービスに登録してスピーディな転職が可能になります。

老人ホームの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 <※老人ホーム>医師募集ガイド All Rights Reserved.