老人ホームの医師は男性女性どっちが有利?

老人ホーム医師求人TOP >> FAQ >> 老人ホームの医師は男性女性どっちが有利?

老人ホームの医師は男性女性どっちが有利?

日本では、1980年代から1990年代にかけて5年間で約2%の高齢者上昇率だったのが、2000年以降は5年間で約3%の上昇率となっています。よって、現在老人ホームを作っても入居待ちが多くなっているわけですね。 この老人ホームには医師による健康管理が受けられて非常に便利なのですが、就任する医師は男女どちらの方が業務上有利になって行くのでしょうか?

現状から言いますと医師人口に対する女性の割合は圧倒的に少なく、しかも大学を卒業して一生涯に渡って医師を続ける女性はさらに少なくなっていきます。それにより、老人ホームに携わる医師は圧倒的に男性が多くなっていることが分かります。

それでも、最近になると女性の医師は増加傾向になっていますし、特に20代の医師人口は既に女性が3割以上も占めているのです。今後、女性医師が働きやすい職場環境が医療機関を中心に広がって行けば、老人ホームに勤務数する女性医師の割合も自然と伸びてくるはずです。

老人ホームに関わる医師として仕事をするにあたり、男性の場合は基本的に一生涯続けられますので比較的キャリアを中断しがちな女性に比べると有利と言えるかもしれません。しかし、どっちが老人ホームの医師としての資質が高いかと言う側面からみると、女性医師にも非常に有利な点が多く存在していることが分かります。

・きめ細かな診断力
・患者に与える安心感
・柔軟な思考回路

基本的に女性はメーカーにおいても品質管理等で非常に重宝される人材です。それは、不良品の抽出率が非常に高いからです。これは医師にも同じことが言えるわけで、患者の疾病の原因を鋭く発見する力にも繋がっています。

また、老若男女問わず男性の医師に対しては緊張してしまうこともあります。しかし、女性の医師であれば不思議と安心感を与えるものです。特に対人関係で融通性を失っている高齢者にとっては、女性医師による診療は心からリラックス出来ることでしょう。

さらに、女性は男性よりも頭が柔らかいと言われます。それは、女性が物事に対して型にはまりにくいからと言えるからです。高齢者の健康状態と環境によって柔軟な健康管理を提供できる、これこそ女性医師が老人ホームで活躍するための最大のアピールポイントになって行きます。

そんな男女関係なく老人ホームでの医師としての勤務を目指していくのであれば、転職エージェントへと積極的に無料登録を進めて行くようにしてください。エージェントさんがしっかりとした職場を提案してくれるのです。

老人ホームの医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 <※老人ホーム>医師募集ガイド All Rights Reserved.